幸せな経済的自由人になるまで

国家機密レベルのセキュリティ&保険適用のインターボルトウォレットについて

 
この記事を書いている人 - WRITER -

先日仮想通貨のカンファレンスにいって気になったのが1つありました。

それがインターボルトウォレット。

インターボルトの特徴を挙げると

・国家機密レベルのセキュリティ
・最大10億円の保険適用

というのがあります。

これを見たとき

「ハードウェアウォレットのレジャーナノSに対抗するウォレットが現われたか?」

と思いました。

公式ページで紹介されていた動画はこちらです。

ここでも言われていますがハードウェアウォレットはマルウェア感染が弱点。

この点については過去の記事でも書いています。
え、レジャーナノSって100%安全じゃないの?

どうやらインターボルトウォレットだとその弱点すらも克服できているようです。

それに万が一盗まれても補償されるのはすばらしいですね。

ですが気になったことが1点。

インターボルトウォレットにアクセスするときにスマホからメールアドレスとパスワードを入力してログインするみたいです。

このポイントが怖いなと思っています。

というのもスマホが盗まれて、ウォレットにアクセスして仮想通貨が盗まれてしまったときの補償がどうなるかというところ。

これって、自作自演でやった場合とホントに盗まれてしまった場合の区別がつきません。

そうなると保険の適用ができないんじゃないかなーというところがありますね。

もちろんすばらしいコンセプトだし利用者が出てくるとは思います。

だけどやっぱりレジャーナノSが良いですね。
レジャーナノSやメタマスクを使わない人は投資家失格!

秘密鍵を暗号化された状態でオフライン管理できるところが強いです。

自分が目に見えるところで管理できるというのが安心できますね。

トモはレジャーナノSを愛用していきますが、今後のウォレット覇権争いの動向には注目していきたいです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 幸せな経済的自由人になるまで , 2018 All Rights Reserved.