20代無職が幸せな経済的自由人になるまで

国際暗号学会から安全性を認められているのがADAコインの大きな強み!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

カルダノホワイトペーパーを読むのが楽しいですねー!

前回の記事はこちら

今回もホワイトペーパーから引用しながらいきますよー

多くの仮想通貨は、ほとんど意味のないホワイトペーパーによって策定されたか、または急いで書かれたプログラムコードです。現在(2017年6月時点)、時価総額トップ10の仮想通貨のいずれも、査読されたプロトコルに基づいてもいなければ、正式な仕様からの実装も行われていません。

これが書かれた半年後にADAコインはトップ10に入っています。

圧倒的自信の表れがホワイトペーパーから伝わってきますね。

極めつけはこちら

ユーザーは、安全なシステムの使用と、マーケティングの主張の正当性をどのように知ることができるのでしょうか。

この文章はビットコインやイーサリアム等の主要通貨に対して、安全性が証明されていないけど大丈夫なの?という問題提起をしております。

カルダノは安全性が証明されているという絶大な差別化をアピールしているのを感じますね!

ボクがADAコインについて強く興奮しているポイントが国際暗号学会から安全性を認められている技術であるウロボロスを使っている点です。

他の通貨は安全性が第三者機関から認められてはいませんからね。

99%のホルダーはコードなんて見ません。

そこで第三者機関から安全性を認められているというのは安心できる点ですよね。

そして安全性が認められたコードはオープンソース化するとのこと。

どんどん広がってほしいところです。

査読されたコードを使う組織や個人が増える

カルダノプラットフォームの素晴らしさが世に伝わる

カルダノプラットフォーム上でのビジネスが増える

ADAコインが世界中の人に使われる

こんな流れを妄想しています。

現実化してほしいですねー

その為に、たくさんの人に使われても問題ないシステムを構築しようとしているのが開発陣営。

チャールズ氏はローンチイベントでカルダノが50年持続することを望んでいるとおっしゃっていました。

その為にまだまだロードマップに書かれているようにカルダノプラットフォームは進化し続けています。

ロードマップを見るとまだまだ楽しみがいっぱい!

じわじわと世界中に浸透されていくことに期待しております。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 20代無職が幸せな経済的自由人になるまで , 2018 All Rights Reserved.