幸せな経済的自由人になるまで

不動産営業のお姉さんと電話で話していて学んだこと

2018/04/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

先日、不動産営業のお姉さんから電話が来て面白くて学びがあったので記事にまとめようと思います!

①税金対策という誘い

「サラリーマンが実践できる節税にはご興味あるでしょうか?」

という話から始まりましたね。

仮想通貨で資産を増やしているトモからしたら節税にはめちゃくちゃ興味があります。

(お、なんか面白そうな電話きたな。ネタになりそうだからちょっと話してみよう)

という気持ちで話を聞いてみることに。

どうやら不動産を所有することでサラリーマンでも年間約30万円の節税ができるそうです。

おー

30万円も節税できたら松屋の牛丼が789杯食べられる!

これはおいしい話だ!!

と考えていたらカモられてしまいます。

物件の値段は1800万円とのこと。

ローンを組んでまで30万円の節税をするメリットはあるとは思えません。

ローンというと聞こえは良いのですが借金ですからね。

借金をすればレバレッジを利かせられるという話はありますが、そもそも投資対象が有望であることが大前提になります。

ショボイ投資商品をわざわざ借金してまで買うメリットはありません。

②あなたは特別ですよ感

お姉さん「年収は400万円以上とかですか?」

トモ「たぶんそれくらいですかね~」

お姉さん「そうですか!なかなか稼がれてますね!!」

トモ「は、はあー」

お姉さん「この年齢でこれだけ稼がれているということは選ばれしサラリーマンなんですよ!」

やはり人間ですから褒められると嬉しくなってしまいます。

まあ当然これは営業側の戦略。

カモになってしまう人は日常生活が充実しておらず、自己肯定感が低いのでこういう甘い言葉にすぐ乗ってしまいます。

営業側の視点になれば、戦略であることはすぐわかりそうですが、騙される人がいるんでしょうねー

③選択肢を絞り込む

(あれ?いつ行くって言ったっけ、、)

と思うくらいナチュラルに話してましたね。

あれは相当トークの練習をして話し慣れている感が満載だったなー

さすがプロだと感じた瞬間でしたね!

④実質利回りはショボい

投資商品を紹介する人が実際にどれだけお金を稼いでいるのか聞くのは大切ですね。

「お金持ちになれますよ~」

と誘っておいてその人がお金持ちじゃなかったら全然説得力ないですよね。

プロ野球選手になりたいのに草野球のおじさんから話を聞くのか、プロ野球選手から話を聞くのか。

どちらから話を聞くべきかは当然プロ野球選手ですよね。

で、営業担当のお姉さんは表面利回り4%の物件を保有していると話していました。

はたしてこれが有効な投資と言えますかね?

情報弱者は騙されて搾取されてしまうのが資本主義の世界。

ボクもはっきり言ってまだまだ弱者なので、自分の頭で考える力をつけるために情報発信を続けていきます。

もちろん面白いから続けているというのもありますけどね!

これからもよろしくお願いします^^

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 幸せな経済的自由人になるまで , 2018 All Rights Reserved.