幸せな経済的自由人を目指すブログ

クオンタミートアップに参加しました!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

てことで内容をザっとまとめときます!

クオンタのビジネスがアフリカを攻めてる理由

①人口拡大
②経済成長

ビジネスは内容も大切だけど、どこで実施するかも超大切。

クオンタは国としてポテンシャルを感じているアフリカでやっているそう。

カルダノADAも同じようにアフリカを攻めているという話がスピーカーの方から聞けたのはめちゃくちゃテンション上がりました!

社会的意義のある宝くじ

クオンタは社会的意義のある宝くじを目指しているとのこと。

もちろんビジネスとして拡大して会社の利益になるのは重視しているが、利益の一部を社会貢献になるようなお金の使い方をしていくそうです。

デジタル宝くじはブルーオーシャン

この部分の話が1番興奮しました!

みなさんが宝くじをイメージするときはチケット売り場におばちゃんがいて、そこでいくらかの券を購入するのだと思います。

で、宝くじ市場は30兆円ですが、現状の宝くじは↑のような買い方がほとんどの割合を占めている。

デジタルで買えるのは40分の1程度の規模だそうです。

理由としては各国の規制が厳しく、ネット上のオンライン宝くじは不正が心配され、導入が難しい。

だからこそ、このブルーオーシャンに手を出しているのがクオンタ!

実際にアフリカ政府と協力して市場を取っていくとのことでした。

先ほど書いた「社会的意義のある宝くじ」を掲げることで、利益の一部を社会貢献につながるお金の使い方をしたり、不正のない宝くじであることを証明したりして、アフリカ政府と協力できるようにつなげていくとのこと。

あとミートアップでは「まだ言えませんが・・・」ということでしたが、他のいくつかの国にもアプローチしているそうです!!

クオンタのトランザクション数

ビットコインが20回/秒
イーサリアムが50回/秒

に対してクオンタは現状250回/秒という早さ。

アフリカだけだったらこれだけでも十分だが、今後いろんな国にアプローチしていくため最終的には1500回/秒までになる予定とのこと

ガチホした人にその分の配当を還元

クオンタのエコシステムに参加していることに対する報酬として、ランダムナンバージェネレーターというシステムを導入する予定です。(ICOから参加したQNTRの人の配当とは別)

ADAのステーキングみたいなイメージ。

クオンタウォレットでガチホすることでその分報酬がもらえるとのこと!

長くガチホした人には還元率を上げる取り組みもするそうです!

質問&回答

スピーカーの方々の話が終わったあとに残って質問できる時間があったのでいろいろ聞いてみました。

Q、クオンタ宝くじではQNTU、BTC、ETHが使えるがQNTUを使うことに対するインセンティブはありますか?

A、ある。ナイジェリアなど新しい国でクオンタ宝くじを導入するときにインセンティブを導入する。QNTUで宝くじを買えば安いレートで買えたり、当選したときには高い還元率でもらえる、のようなイメージ。

宝くじをやっているほかの仮想通貨は?

トゥルースワップ、ファイヤーロットという通貨。

トゥルースワップは1つライセンス認証とっている。
※クオンタは6つ

ランダムナンバージェネレーターの還元率は?

クオンタビジネスの宝くじやゲームでの売り上げ1%をホルダーに還元する。

クオンタのICO初期価格は?

非公開です。

めっちゃ渋った顔されましたw

ネットで調べたら0.13円が一番最安みたい。

終わりに

てことでミートアップ行ってきましたが、ポテンシャルをひしひしと感じることができました!!

1番聞けて良かったのは、デジタル宝くじがまだまだブルーオーシャンであること。

宝くじ市場が30兆円に対してその40分の1しか現状デジタル宝くじは導入されていないんすよ!

てことは全体の市場のうち仮に10分の1である3兆円をクオンタが占めたら今のQNTUの価格はグイグイ上がっていくのが予想できますね。

デジタル宝くじの現状についての話を聞いたときは強く強く興奮しました!!

まだまだ時間はかかるかもしれませんが、クオンタの宝くじプラットフォームのビジョンには強く共感できたので今後もガチホし、応援していきます!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 幸せな経済的自由人を目指すブログ , 2019 All Rights Reserved.