幸せな経済的自由人になるまで

ADAコインをガチホする理由一覧

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ADAはピークのときから下落し、現在は20円付近をウロウロしています。

不安は一切ないと言えばウソになるのでガチホする理由をあげていきます。

経済活動から切り離されている世界の30億の人々に身分証明書や財産権を与えるという壮大で素晴らしいビジョン

身分証明書がないことが原因で、
海外旅行や保険などのサービスが受けられない人が世界には30億人いるそうです。

カルダノプラットフォーム上のアプリを使ってもらい、
そこから身分証明書を発行することでその問題を解消するというのがビジョン。

いやマジですげえ。。

チャールズがこの問題提起をしていたTEDの動画を紹介しておきます。

ADAホルダー必見の内容ですよ。

冷静に考えてTEDに出れるとかチャールズが仮想通貨業界の権威である証拠ですよねー

ウロボロスの技術が学会で査読を受けて、安全性が証明

IOHKのチーフサイエンティストであるアゲロス・キアイアス教授率いる研究チームによって設計され、学会にて査読を受けています。ウロボロスはその証明可能安全性を初めて科学的に証明したプルーフオブステークプロトコルです。

Cardanohubより引用

安全性が証明されているとかすごすぎ。

おかげでホルダーは心穏かに日常を過ごせることができますね!

ステーキングによるインカムゲイン
2018年4月からスタート予定のステーキング。

これのおかげでホルダーの握力が高まるので価値上昇に大きく期待できます。

しかも2.4年後までは年利9.13%というのが概算値で出ているみたいなのでおもしろいですね。

2018年後半から2019年にかけてIntelと提携を結ぶ予定

これカルダノのホワイトペーパー読んでいたら見つけてすごくビックリしましたよ。

もっと大きくアピールすべきところなのにしれっと書かれていたので
狼狽売りした人はマジでドンマイ!!

イーサリアムのアプリがカルダノプラットフォーム上でも使えるようになる

カルダノプラットフォームが仮想通貨市場に大きく広がっていくイメージができますね。

しかもTwitterのリプに開発者のチャールズが答えてくれるとかありがたいこと!

チャールズは50年後もカルダノが持続することを望んでいる
カルダノローンチイベントでチャールズが言っていました。

拡張性のあるプラットフォーム、量子コンピュータ対策、、安全性が証明されたウロボロス、

これらにより持続できると僕は信じていますね!

カルダノに特化した暗号通貨の取引所の開設

これは佐々木さんのFacebookで知りました。

以下引用です。

今回はカルダノに特化した暗号通貨の取引所のアドバイザーになりました。

FXの会社とのコラボレーションです。
・年間トランザクション9200万回
・年間取引量1.1兆ドル
・年間収益100億円
・2010年創立
・世界拠点8カ国
・200名従業員
・500名アカウントマネージャー
・180以上の国から120万人が利用
・30カ国の言語対応
・IBさん1000名

中旬頃にホワイトペーパーの公開を行います。

問い合わせ窓口は…

無いです。

6月頃から
プライベートファンディング予定
主にヨーロッパ、南アフリカ、日本、韓国、中国、その他の国で行う予定です。

時期を見てお声掛け致します

ADAが世界展開していくイメージが持てますね!

佐々木さんが以前、Facebookのライブ配信していたときの話によると2018年11月にスタートする予定だそうです。

Kフレームワークによる、あらゆる開発言語で開発可能になる

プログラムを開発するにはいろいろな言語があります。

なので、各言語の専門の開発者がいるという状況ですが、Kフレームワークという仕組みを使うことであらゆる開発言語からカルダノ上で稼動するプログラムを作ることができるようになります。

これにより、開発者はどんどん増えて、さらに強力なチームになることが期待できます。

マルチシグのトランザクション

ここからはロードマップの内容で楽しみなのを挙げていきます。

マルチシグは複数の人で資産を管理する仕組み。

これができれば仮に1人の秘密鍵が突破されても、他の人が突破されない限り資産は盗まれないのがすばらしいです。

量子コンピュータ対策

量子コンピュータが発達したらビットコインは突破されてしまうと言われていますが、それを防ぐ仕組みができるとのこと!

セキュリティが強いですねー

METAPS PLUSとの連携

ADAで決済できるところが増えていき、流動性アップにつながりますね!

DISTRIBUTED FUTURESの研究

最近は仮想通貨の規制がいろいろありますが、規制機関とうまく連携しながらやっていくという意思が見れるのがカルダノプロジェクトの強みです。

レジャーナノS対応

ダイダロスウォレットだけでなく、オフラインのレジャーナノSでも管理できれば、リスクを分散してADAを保有できますね!

デビットカード

これができれば必要性が高まりますよね。

億り人になった人はいきなりすべて利確せずに、デビットカードに毎年500万円分とかをチャージして、少しずつ日常で使うようにすると便利だし、税金を一気にたくさん払わずに済みます。

自分もデビットカードが発行されればそんな感じで使いたいと思っています。

投票センター

投票があるからこそ、コミュニティが分断せずに、ハードフォークが起こらずに適切にカルダノプラットフォームがアップデートされ続けることが可能になります。

MARLOWE(マーロ)

なんと、このMARLOWEを利用することで、プログラミングをやったことがない人でも、カルダノ上のスマートコントラクトを作れるようになる。

カルダノ上でスマートコントラクトを作ることがよりカンタンになるので、参入者が増えてくることが期待できます!

Byron→Shelly→Goquen→Basho→Voltaireのように進化を続けるプラットフォーム

まだまだ進化を続けるカルダノプラットフォーム。

最低でも2020年まではチャールズ率いるIOHKが開発を続けるという話になっています。

そこまでどんな進化を見せてくれるのかとても楽しみです。

まあ2020年になったらおそらく投票システムを使って

「IOHKがカルダノの開発を続けてよいか?」

みたいな投票が始まるはずです。

結果、95%以上の賛成を勝ち取ってそれ以降も開発が続くと思っています。

そして、50年後もカルダノが持続していることを願っています。

終わりに

というわけでADAコインはガチホすべきですね!

「カルダノADAはマジですごい」

というのはわかっていましたがきちんと整理ができていなかったので、今回まとめておきました。

今後の動きには期待ですね!

他にもカルダノADAについて過去にまとめていた記事があったのでどうぞ!
Crypto2017で受理されたウロボロスの論文の審査方法知っていましたか?

国際暗号学会から安全性を認められているのがADAコインの大きな強み!

【カルダノWP】読み方・規制による3つの革新・改善案の提案について

あと、ノアコインをガチホする理由はこちらに書いています。
ノアコインをガチホする理由一覧

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 幸せな経済的自由人になるまで , 2018 All Rights Reserved.